バスに乗るか、歩くか。

オーストラリアから出張で日本に帰ってきています。実家に滞在しているので、オフィスまでの通勤が約1時間と典型的な東京のビジネスマン生活をしています。
Raining night, pavement...

By OiMax

昨晩は台風の影響で雨が激しく降り出していて、最寄りの駅から実家まで普段は20分かけて歩くところをバスに乗るかどうか悩みました。雨はさらに激しく横からも降り出してきたので20分歩けばぐしょぐしょになるのは見えています。バスは満員ですが少なくとも濡れる事はなさそうです。

210円払ってあまり濡れずに帰るか、満員バスに揺られるのを嫌って濡れながら20分歩くかの選択です。

合理的に考えるのであれば、つまりクリティカルシンキングを学んでそれをビジネスに活かしている人であれば、さらにいろいろな変数を考慮しながら意思決定をするでしょう。しかし、僕はどんなに合理的であるという答えが出たとしても、満員のバスには乗らず台風の中を歩くタイプです。おかげで、膝から下はほぼ水浸し、カバンを抱えてそれを気にするあまり背中はビチョビチョ。それでも、隣の人とくっつきながら誰も何も話さない空間に15分以上耐えられないのです。

日本社会を飛び出してくる留学生の何割かは、満員バスに乗れないタイプです。そんな若者たちに、雨の中をずぶ濡れになりながらも楽しく歩く方法をアドバイスするのも僕の仕事のひとつです。
衛藤 伸彦
オーストラリア留学センターの代表をしています衛藤伸彦(えとう のぶひこ)です。 現在はサンシャインコーストに住んでいますが、全豪6都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、パース、アデレード、ゴールドコースト)にある支店や全豪の学校や大学、東京支店などを出張しながら、若者たちが自分らしい人生を送るためのアドバイスやセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です