未来がどうなってもいいように

東京に帰ると、かなりの時間を本屋さんで過ごすのですが、日本では「2020年の日本は、、、」とか「2030年に世界は、、、」みたいな本がよく出版されています。このようなタイプの本はオーストラリアではほとんど見かけません。暇つぶしにそのような本を読めるほど余裕のある人はいいのですが、もし若い人で未来が心配な人はそんな本を読む時間があったら、5年後にやりたいビジネスプランを考える方が有意義だと思います。
Townsville Jsmes Cook Uni そもそも、そのような未来の予測はほとんど当たらないか、人によって両極端な意見なので(例えば人によって超円安になるという人もいれば、今後も円高が続くと予想する人もいます)、一般庶民の私たちは、為替がどうなってもいい戦略を考えればいいだけのことです。大切なのは戦略やビジネスプランを作る力です。

僕のキャリアにおいてとてもラッキーだったのは、新卒で入った文具メーカーの商品企画の仕事がスタートだったので、自分の仕事は自分で企画しないと始まらないという癖がついたことだと思っています。その後転職をしても、自分の強みは新規事業を作ることですとアピールし、数々の失敗と成功を繰り返してきました。その代わり、決められた仕事をこなすという能力はほぼゼロに等しいので、今のように優秀なスタッフに支えられて会社を経営するというのが、成功するための唯一の道だったのだと思います。

会社などの組織でずっと働くにせよ、独立して自分でビジネスをするにせよ、未来に翻弄されず、自分で未来をコントロールしていくことが僕は幸せにとって一番大切なことだと思っています。若いうちに1年くらい海外に出て、日本でのしがらみから解き放たれて、つまりは心地よい安定から離れて、自分ですべてをコントロールしていくトレーニングを積むことは、未来がどうなっても楽しく生きていくために欠かせないものだと思います。

 
衛藤 伸彦
オーストラリア留学センターの代表をしています衛藤伸彦(えとう のぶひこ)です。 現在はサンシャインコーストに住んでいますが、全豪6都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、パース、アデレード、ゴールドコースト)にある支店や全豪の学校や大学、東京支店などを出張しながら、若者たちが自分らしい人生を送るためのアドバイスやセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です