翻弄されない生き方

オーストラリアの各都市で行っているキャリアについてのセミナーで、前回くらいから追加したスライドがこの「翻弄されない」というキーワードです。何人かの留学生たちから印象に残ったフレーズとしてフィードバックをもらったので、ここで紹介することにしました。

人生の中で、自分の力ではどうしようもないこと、つまり翻弄されてしまうことに遭遇することが必ずあります。10代の頃は素敵な女の子に翻弄されるくらいで可愛い話なのですが、社会に入るとひどい会社やどうしようもない上司に翻弄されたり、事故にあったり、自然災害で家が無くなってしまったり、日本では無いことを祈りますが、世界の中では国家に翻弄されている人々も数多くいらっしゃいます。

じゃあ、翻弄されないためにはどうしたらいいのか。まずは自分がコントロールできないことはできるだけやらない、できるだけ関わらないように、僕はしてきました。もちろん、最初からすべて思い通りにはいかないし、失敗も数多くしたわけですが、やっとこの歳になってあまり翻弄される可能性は無いかなと思っています。僕にとっては(何がリスクかは本当に人それぞれなので僕の価値観を他の人に押し付けるつもりはありません)会社は雇われるより自分の会社の方がコントロールできるし、上場するより株主は少ない方がいいし、家は買うより借りた方が余計なことは考えなくて済むし、将来役に立つかもしれない見知らぬ人たちとネットワーキングするより、お客様だけ大切にしていればビジネスはシンプルに回っていくのです。

留学は、日本でのいろいろなしがらみから離れて、自分だけの生活を見つめ直すことができる、とてもいい機会です。どんな環境に置かれても自分らしい生き方を貫いてみるチャンスです。翻弄されない留学生活、翻弄されても立ち直る力を持つ留学生活、楽しかっただけの時間よりも、きっと将来に役に立つと思います。
衛藤 伸彦
オーストラリア留学センターの代表をしています衛藤伸彦(えとう のぶひこ)です。 現在はサンシャインコーストに住んでいますが、全豪6都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、パース、アデレード、ゴールドコースト)にある支店や全豪の学校や大学、東京支店などを出張しながら、若者たちが自分らしい人生を送るためのアドバイスやセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です