ちょっとした生き方の修正

今週は、もちろん新コロナウイルスの影響で世界中が大きく混乱したことや、9年前の震災の影響がまだ深く残っていることを認識した1週間だったわけですが、そんな時だからこそ個人の生き方について考えるべきタイミングなんだと思います。

社会が混乱していると自分で考えることが面倒になっていきます。みんなと一緒に「困った困った」と言ってる方が、ずっと精神的には楽だからです。でも社会が混乱しているからこそ、どうやって自立して生きていくかを考える時間を作ってみましょう。(でもマスクの転売はせこいです。)

100年前に比べて、社会はずいぶんと生きやすくはなっていると思いますが、それでも何年かごとに、自然?は人間社会を翻弄します。そして社会が全員を守ってくれることはありません。ですから、こんな機会に、一人一人が何かしらの仮説を持って生き方をちょっと修正すべきなんだと思います。

そして、その修正内容は人それぞれなので、批判の対象などにはしてはいけないのだと思います。ちなみに僕は、今まで同様に、小さな生活をさらに小さくして、フットワーク軽く生きていきたいと思います。この6月からはまた旅も始めます。借金や固定資産に縛られることなく、背伸びをせずにインスタ映えは気にしない生活をして、でも人に会うことや若者の相談にのることには時間やお金を喜んで使っていきたいと思います。そんな生き方が、僕にとっては、社会が混乱してもなんとか生き残っていくための方法なのです。皆さんは、どうですか?
衛藤 伸彦
オーストラリア留学センターの代表をしています衛藤伸彦(えとう のぶひこ)です。 現在はサンシャインコーストに住んでいますが、全豪6都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、パース、アデレード、ゴールドコースト)にある支店や全豪の学校や大学、東京支店などを出張しながら、若者たちが自分らしい人生を送るためのアドバイスやセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です