ワーキングホリデーの原点

ワーキングホリデービザは、1年間という期間の中で学校に通う事も出来るし、働くことも出来、自分なりにやりたいことをデザインできるので若者たちにはとても人気の渡航スタイルです。また、多くの体験談などの情報もネットで探す事も出来るので、こんなことがしたい、出来るはずというリストを皆さん作られてきます。
Untitled
先日、出張で戻ってきた東京で、充実したワーキングホリデー生活を送ってきた女性と再会しました。彼女の目標はとてもシンプルで、「海外旅行で困らない英語力と度胸をつける」「オーストラリアで行ってみたいところに旅行する」ということです。オーストラリアに来る1年以上前から準備をしていたので、現地でアルバイトをしなくても大丈夫なだけの資金もあり、オーストラリアでも節約生活を心がけていたので、旅行のときはその分お金を使って楽しんだということです。

彼女のそんな話を聞いていると、ワーキングホリデーの原点というのは、日本を飛び出してシンプルなライフスタイルを構築することなのではないかと思いました。オーストラリアの一番の魅力は、都会と自然がうまく融合した街でシンプルな生活ができることだと思います。日本では時間に追われ、情報に追われ、消費することに追われてしまいますが、オーストラリアでは本来であればそうでない贅沢な時間の使い方が可能なはずです。それなのに、ワーキングホリデーのためにやるべきリストを作ってきた人は、あれもやってこれもやらなくちゃ、あー予定通りにいかないとストレスを貯めてしまうのです。

彼女のようにシンプルな目標を立て、オーストラリアの時間の流れに合わせながら、人生を楽しむ術を身につける。履歴書には書けないかもしれないけど、人生に取ってはとても大切な経験だと思います。
衛藤 伸彦
オーストラリア留学センターの代表をしています衛藤伸彦(えとう のぶひこ)です。 現在はサンシャインコーストに住んでいますが、全豪6都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、パース、アデレード、ゴールドコースト)にある支店や全豪の学校や大学、東京支店などを出張しながら、若者たちが自分らしい人生を送るためのアドバイスやセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です