留学する街の環境

今週はオーストラリアの首都であるキャンベラにいます。この街は首都なのにもかかわらず、40万人くらいの人口しかありません。シドニーやメルボルンの10分の1の規模です。東京圏と比べたら100分の1くらいかもしれません。中心地を離れるともういきなり田舎な風景が広がります。

この街には政治的な機能と、研究機関などが集まっているだけなので、大きな産業があるわけでもなく、都市特有の様々なところから人々がやって来て膨張していく感じもありません。40万人の人口が少しずつは増えるかもしれませんが、将来に100万人の都市になることはないと思います。

ですから、都市としての面白さ、例えば、躍動感とかなんかちょっと怪しい感じの飲食店が集まっているみたいなところはキャンベラにはありません。行政で働く公務員の人たちが多い真面目な街です。(みんな、ちゃんと車は制限速度で走ってる感じです。)そんな街、つまらなそうと思う人も多いかもしれません。

でも、文化的な施設はとても充実していて、国立の博物館や科学館や図書館や美術館や植物園は、ほぼ無料で楽しめるし、いろいろなことを考える刺激を与えてくれる時間を提供してくれます。カフェやレストランも本屋さんもおしゃれで落ち着いた感じの店が多い気がします。僕は年齢のせいかもしれませんが、この街は居心地が良いです。

長くても数年の留学という限られた時間を、どのような環境で過ごしたいか?勉強だけでなく生活を楽しむことに軸を置くのか、ストレスの少ない環境で勉強に集中することに軸を置くのか?もし、勉強に軸を置くのであれば、キャンベラでの留学はありだと思います。でも、僕たちの会社は、キャンベラの大学と契約していないので(オーストラリア国立大学とキャンベラ大学)この旅が終わったら、再度訪れて、大学のマーケティング担当者と話をしてみたいと思います。
衛藤 伸彦
オーストラリア留学センターの代表をしています衛藤伸彦(えとう のぶひこ)です。 現在はサンシャインコーストに住んでいますが、全豪6都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、パース、アデレード、ゴールドコースト)にある支店や全豪の学校や大学、東京支店などを出張しながら、若者たちが自分らしい人生を送るためのアドバイスやセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です