報われなくても努力は続く

学生時代にやっていたテニスを再び始めて、オーストラリアのシニアの大会に出るようになって3年が経ちました。50歳を過ぎても大会に出てくる腕に自信のあるオージー達が集まる大会に出て、最初は全く歯が立たなかったり、無理をして肘や肩を壊したので、なかなかうまくいきませんでしたがやっと最近、平均よりは上になってきました。今は肩も肘も痛くないので、気をつけながらさらに上を目指すために、練習に励んでいます。
Pat Rafter Arena

しかし、テニスはマラソンなどのスポーツと違って、努力をしてもすぐに勝てる訳ではありません。マラソンなどでは、あるレベルに達するまでは、必ず努力と結果は正比例していきます。だから、多くの人々を魅了し、ランニング好きの日本人がとても多いのだと思います。しかし、テニスは相手がいて、かつ必ず勝負が決まるスポーツなので、ほとんどの選手が勝てるようになるまでに精神的に凹んで止めてしまいます。僕もこの3年間に何度やーめたと思ったか。それでも止めないでやり続けるのは、やはりテニスが楽しいから。

そこで、ふと気づきました。

世の中には、努力してるのに報われないと怒ったり狂ったりする人が少なからず存在します。こんなに努力しているのに出世できない会社が悪い。こんなに努力しているのに報われない社会が悪い。こんなに愛しているのに、愛してくれないあの女が悪い。

このような思考回路に入る人たちは、絶対に楽しんでない。そもそも「楽しむ」ことが選択肢に入っていないか、嫌悪感さえ覚えているタイプの人たちかもしれません。それは受けてきた教育のせいかもしれないし、育った環境のせいかもしれません。もし、楽しむことができずに努力が続かないなら、オーストラリアに来てみましょう。人生を楽しんでいる多くの人たちに出会うことができます。そして、みなさんも人生を楽しむことがどんなことか経験できます。楽しいからこそ努力も続き、幸せへの道ができていくのです。

 
衛藤 伸彦
オーストラリア留学センターの代表をしています衛藤伸彦(えとう のぶひこ)です。 現在はサンシャインコーストに住んでいますが、全豪6都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、パース、アデレード、ゴールドコースト)にある支店や全豪の学校や大学、東京支店などを出張しながら、若者たちが自分らしい人生を送るためのアドバイスやセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です