みんなにやってくる、スランプの克服方法

laughsBy marc kjerland

留学やワーキングホリデーで成功できない方の特徴は、3ヶ月後くらいにおとずれるスランプのときにあきらめて日本人とだけ遊ぶ回路に入ってしまうことです。本当はそこを乗り切れば、英語力も生活力も伸びて、有意義な留学生活が送れるようになれるのに。今日は、そんなときの私なりのアドバイスです。

どんな仕事でも勉強でもスポーツでも、数ヶ月は順調に成長してきたのに、伸びが感じられなくなるときがあります。そんな時には、基本に戻って地道に努力することと多くの本ではアドバイスされています。うーん、それがなかなか出来ないし、留学など帰国しなくてはならない日が決まっていると、ますます焦ってしまいます。

その頃になると、最低限の日常会話は大丈夫になっているので、もっと上を目指す必要も無いと感じる人も多いようで、急激に語学力向上のモチベーションが下がっています。ですから、まずは新たな目標設定をしましょう。長期の学生ビザで語学留学をしている人は学校も続くので、少しでも早く上のクラスに上がっていくことを目標とすべきですが、ワーキングホリデーの方はそろそろ学校にも行かなくなる時期なので、何を目標にすればいいのか皆さん悩まれます。

そのときに、考えてほしいのが、英語を学ぶことに固執するのではなく、英語で何か楽しいことをするということです。好きなDVDをひたすら観るとか、ヨガ教室に通うとか、できればサッカーやバスケットボールなどのチームスポーツなどはコミュニケーション力も高まるのでお勧めです。英語はコミュニケーションのためのツールなので、楽しみながら学んでいくことのほうがずっと効果的です。その楽しみを感じているうちに、知らぬ間に英語力も向上しています。

スランプだなと感じたら、より楽しむ!ということを実践してみてください。
衛藤 伸彦
オーストラリア留学センターの代表をしています衛藤伸彦(えとう のぶひこ)です。 現在はサンシャインコーストに住んでいますが、全豪6都市(シドニー、ブリスベン、メルボルン、パース、アデレード、ゴールドコースト)にある支店や全豪の学校や大学、東京支店などを出張しながら、若者たちが自分らしい人生を送るためのアドバイスやセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です