朝のカフェで

平日の朝、始業前の時間は、ほとんど毎日テニスをしているので、カフェに行くことはないのですが、金曜日はテニスの予定を入れることが少ないので、家でコーヒーをいれる代わりに、ちょっとカフェに行きたくなります。今日は、豆も買いたかったので、旅をする前によく行っていたロースタリー(焙煎するところ)に2年ぶりに寄ってみました。

そこはコーヒーを飲むこともできるのですが、カウンターやテーブルは少なくて、ほとんどの人たちはテイクアウェイで自分の好きなコーヒーを買っていきます。僕たちは、アジア系の顔をしたバリスタの人とちょっと話をして、買うべき豆を決めて、店内で飲むコーヒーとクッキーをひとつ注文して、出来上がるのを待っていました。

バリスタの人がコーヒーを持ってきてくれた時に、「どこから来たの?」と聞かれたので、元々は日本からだよと答えたら、やっぱりということで、その方も日本人でした。オーストラリアに10年以上住んでいるということで、英語力も雰囲気もこちらで育ったアジアの人みたいでした。サンシャインコーストの僕が住んでいるエリアは本当にローカルの人しかいないので、日本人に会うのは珍しいのですが(特に男性に)ひとときの日本語での会話を楽しみました。このロースタリーで働き出したのはこの1年くらいだそうで、焙煎もやっているので、フルタイムで働きながら、他の時間は映像の仕事もされているそうです。

思いがけないところで、頑張っている日本人に会うのは、うれしくなったり、心が和らいだりします。愛国心があるからとか、そういうことではなく、やはり同じ土地や文化で過ごしたことがある人には、何かのつながりを感じるのでしょう。

今、国とは何か?民族とは何か?国籍とは何か?のような問題を考えている人たちが世界中にたくさんいると思います。僕やそのバリスタの彼のように外国に暮らす人たちにとって、母国がちゃんとしている、母国がリスペクトされているということが、いかに大切なことであるかを、国を動かす人たちは考えるべきなんでしょうね。

休学留学中に考えると良いこと

最近は、日本の大学生たちから、休学しての留学について相談が増えています。うちの会社としても、これからの時代にどんな休学留学が良いのだろうかという議論もスタートしました。オーストラリアの大学の聴講をしたり、専門学校に通って資格を取得したり、英語力を徹底的に伸ばすなど、さまざまな学びを経験することができます。それ以上に、オーストラリアという国で暮らしてみるということが、きっと人生観に良い影響を与えてくれると思います。自然の中で仲間とのんびり時間を過ごすことなどが、普通になっていくでしょう。

どんな休学留学をするにせよ、1年後には日本に帰って就活について考え始めなくてはいけません。そして、オーストラリアに留学した人たちは、何か日本とオーストラリアを結ぶ仕事ができないかと考えます。そんな人たちにやってほしいことは

「現在日本にあるビジネスで、オーストラリアの市場にも売れるモノやサービスは何か?」

ということを時々考えて、答えをメモしておくことです。別にすごく大きなビジネスである必要はありませんが、安定して利益が出そうなビジネスやサービスにはどんなことがあるのかを考えていく癖をつけることは、社会で成功するためのスキルの一つになります。そして、勇気を持って、そのビジネスを展開している会社に、「オーストラリアに進出しませんか?」と履歴書と一緒に提案をしてみるのです。僕が企業の採用担当者だったら、その提案がイマイチでも、一度話してみようと思うでしょう。

うちの会社のお客様で、そんなチャレンジをしてみたい人には、提案書のサポートもしてあげようと思います。そんな若者に出会えるのを楽しみにしています。

ちなみに、ここ1週間くらいの僕のアイデアはもやし工場の誘致です。オーストラリアで売ってるもやしって日本の10倍くらいの値段なんですよね。せめて一袋1ドルくらいにならないと、、、。もやし工場って作るのいくらぐらいかかるのでしょう。調べてみようっと。

フットワークは軽く

2月に入ってから、サンシャインコーストなんて素敵な名前なのに、今年の夏は雨が続いています。特にここ数日の豪雨のおかげで、洪水が起きている地域もあるようです。連日、ニュースでは水浸しになった町や家の様子を放送しています。コロナウイルスの感染拡大を逃れて、ニューサウスウエールズ州やビクトリア州からこの地域に引っ越してきた人たちも多いのですが、こんなはずではなかったと考えている人たちもいるのかもしれません。

そして、ヨーロッパでは21世紀なのにもかかわらず、普通の人たちからすれば全く合理的な理由のない戦争が始まっています。何十万ものウクライナの人々が、安全を求めて移動をしています。もう何週間も前から、戦争の可能性は伝えられてきたのに、実際に始まらないと動かなかったというのは、多くの人々からすれば、まさかそんなことは起こらないと思っていたからでしょう。

しかし、世の中は、全く合理的ではないし、常識では考えられない人もいっぱいいるし、危機はしょっちゅう、こちらの都合など関係なくやって来ます。それに対して、どうやって翻弄されずに生きていくかは、フットワークを軽くして、いつでも逃げたり、方向転換できたりする能力やスキルを身につけておくことなのかもしれません。

大切なものだけを持ち、大切な人とだけ付き合い、1年くらいは生きていけるお金を持って、旅のような人生を送っていくことも、これからの選択肢の一つになっていくのでしょう。若い時に留学をするのは、そんな人生を送るためのスキルも養ってくれると思います。

人がオフィスに代わっていく

急激に増えている問い合わせのおかげで、オンライン相談を僕も担当するようになって、色々な気づきが生まれます。例えば、オフィスの意義について。うちの会社はオーストラリアの6都市と東京にオフィスを持っています。国境が閉じてからの2年間、部屋のサイズを小さくしたりしてコストダウンには努めましたが、物理的に部屋はキープしています。でもリモートで働くことが普通となった現在の稼働率は3割にも満たない感じです。

オフィスで留学生たちと会えなくなっても、電話やチャットで連絡を取り合ったり、カフェでお茶をしたり、時々はやっぱりオフィスで会ったりしながらサポートをしています。そして、サンシャインコーストに住んでいる僕も、留学生たちの入国に伴ってお茶をしたり先輩を紹介したりと、サポートに時間を使っています。サンシャインコーストにはオフィスはありませんが、僕という人間がオーストラリア第7のオフィスをやっている感じなのです。そして、僕が住んでいるからかどうかは分かりませんが、サンシャインコーストには大学や語学学校が一つずつしかないのにもかかわらず、年間に20人以上の留学生たちがやってくるのです。

人がオフィスの代わりになっていくなら、まだ、僕たちの会社が進出をしていない、キャンベラとかタスマニア州のホバートなどは、毎年20人、30人くらいの留学生が訪れる可能性がある街なので、オフィスを持たなくてもそこに住みたい人を雇っていくことも検討できるかもしれません。

頼りになる大人が、その街にいて、留学生のサポートをしてくれる。頼りになるスタッフが、その街の教育機関とコミュニケーションを密にとって、マーケティングを成功させてくれる。僕たちのビジネスの目標はとてもシンプルなので、オフィスをどこに置くかということを考えずに、これからの戦略を考えてみたいと思います。

アンテナは磨ける

僕の生活って、仕事とテニスで成り立っていて、仕事をしていない時はほぼテニスのことを考えている感じです。今年のクイーンズランド州のシニアの試合は今月後半から始まるので、今はシーズン前のトレーニング期間という感じです。昨年末にラケットを新調したので、そのラケットにあったというか、自分にあったストリング(ラケットに張るやつですね)選びに悩んでいるところです。

以前は縦にナイロン、横にポリエステルのストリングを張っていて、それはそれで良かったのですが、ナイロンは切れやすいので、ほぼ毎日テニスをする今の生活だと、1週間くらいで切れてしまい、けっこうお金がかかります。せめて3週間くらい切れない、かつ感触の良いポリエステルのストリングを探し求めてこの2ヶ月くらい試行錯誤を続けてきました。友だちにもらったり、サイトで調べて評価の高いストリングを試してみたり、いろいろ実験をしてみました。

その過程で、面白かったのは、同じ強さで張っているのに、ストリングによって全然違う感触だし、自分が好きかどうかは、ネット上の人々の評価とはあまり関係ないということです。テニス選手にとってストリングというのは、唯一ボールと接触をするものなので、よく飛ぶのかとか柔らかくて手に優しいなどのことも大切ですが、それ以上に打ったボールの情報をちゃんと伝えてくれるかどうかが大切だということが、上達してきて初めて分かりました。打った瞬間に、僕の手のひらを通じて脳や筋肉に多くの情報をくれるストリングと情報がぼやけてしまうストリングがあるのだということがこの2ヶ月の実験の成果です。

僕たちの毎日の生活は、常に何かの情報を受け取って、それに対応していくことの連続です。食べ物だって、人間関係だって、仕事だって、健康だって、そのアンテナを常に駆使しています。そして、そのアンテナは今よりももっと磨けるのかもしれません。ネットの情報は、誰かのアンテナの話であって、自分のアンテナで情報を得ていく練習をもっとしないと、自分らしい楽しみは得られないのかもしれませんね。

未来は続く

オーストラリアの国境が開いてから、急に増えてきた留学の問い合わせがスタッフだけではまわらないので、最近は、なんと僕がオンラインでの相談を担当したりしています。とても久しぶりのことなので、人生相談で終わってしまって留学の話を全然しなかったり、焦らずに数年後に考えた方が良いかもね、みたいに、会社の売上に全然貢献できていない感じです。そろそろスタッフの皆さんから文句を言われそうなので、先に謝ってしまいます。

オンライン相談では、必ず、「どうして留学に行きたいの?」という質問はするのですが、面白いのが「前から海外には憧れがあったけど、今しか行けないから学生の間に行っておきたい。」という答えがけっこうあることです。学生や若いうちにやらなくてはいけないことの一つになっているのですかね。

でも、僕がとても違和感を持つのは、留学から日本に帰ってきたら、もう海外で生活したりする未来はないみたいな考えを多くの若者たちが持っているということです。若者たちにそのように考えさせる日本社会のプレッシャーみたいなのも嫌いですが、自分の未来を限定して考えてしまうのはもったいないですよね。

確かに、すぐに海外で仕事をしたり、生活したりすることは難しいかもしれませんが、生活や仕事で海外とつながり続けていくことはそんなに難しいことではありません。僕は27歳28歳に留学をしましたが、それ以降の30年は最初の10年は10%くらい、次の10年は50%くらい、そして最近の10年は100%海外にいたことになります。別にそれは計画したことでもなく、自分の好きなこと、やりたいことをやっていく中で、海外という場が人生の普通の場所になっただけです。そして、その起点は間違いなく留学をしたことなのです。

未来は先が見えるものではなく、それまでは考えてもみなかったことが起きるのが面白いし、先が見える未来は残念ながらあまりワクワクするものではありません。留学から帰ったら、日本で堅実に暮らす、という未来も否定はしませんが、留学をすることで、さらに皆さんの未来の先が見えなくなり、活躍する場も予想がつかなくなってほしいなと思うのです。

健康な人々という資源

オーストラリアでは、先月のクリスマスを前に人々の移動の規制が緩和されたので、すごい勢いでコロナウイルスの感染が広がっています。国民の90%以上はワクチンを接種したので、重症化になる人たちの確率は低いということで、政府はそのような決断をしたのですが、思った以上の影響が出ているようです。

多くの人たちが感染したり、濃厚接触者になったおかげで、決められた期間働くことができず、さまざまなところで人手不足になっています。農場、食肉工場、運送業、小売業などなど、人手不足のおかげで経済のシステムがまわらず、スーパーマーケットなどでは、品不足になっています。この写真は、僕が住んでいるサンシャインコーストで撮影したヨーグルト売り場のものですが、大都会はもっと深刻なのかもしれません。

こういう現実を見ると、健康な人々というのは、社会を回していく上で、とても大切な資源というか歯車なんだと実感します。ですから、社会として住民の健康を維持するのは、それぞれの人々にとってだけでなく、経済にとっても大きな影響を与えるのだということが分かります。

でも、多くの人々を巻き込んだ大きなシステムを維持することよりも、もっと小さな社会というか経済圏で世の中が回るようにしておくことも、先が見えない世界ではさらに大切になってくると思います。スーパーマーケットが機能しなくても、週に1回のファーマーズマーケットには十分な食べ物が準備されているし、生活に必要なものが少なければ、社会の機能が少しストップしても耐えることが可能です。若者たちにとっては、どちらの経済圏を軸に自分の生活を作っていくかも考えてみるべきです。

世の中の全ての人が自給自足とかオフグリッドで生きていくことはたぶん不可能ですが、今回のコロナ禍でのさまざまな経験は、小さなコミュニティーで助け合える仕組みを構築する必要があることを考え始めるいい機会になったのではないでしょうか。僕たちは、まずは明日のファーマーズマーケットで野菜を買いたいと思います。

成熟した社会のわな

年が明けてから、すでに他の留学エージェントで申し込んだ方から、エージェントを変えたいという相談が増えたとスタッフから報告を受けています。オーストラリアへの入国が可能になっても、その方法などが日々更新されたり、州によってそのルールが変わったりと、正しい情報を把握するのもとても難しい状況で、いくつかのエージェントさんたちは、それについていけなくなってしまっているのでしょう。英語がまともに出来ないカウンセラーの人たちも、存在するこの業界なので、政府発表やオーストラリアのニュースを読みこなす力も無いのかもしれません。

残念ながら、すでに契約をされてしまっている場合には、僕たちが助けてあげることはほとんど出来ないのですが、だからこそ、留学をするときにはエージェントはしっかりと選んだほうがいいと思います。契約を解除するためには、かなりの額の違約金を請求するところもあると言う事です。

でも、ちょっと調べれば、胡散臭い会社があることはすぐにわかる業界なのに、なぜ、多くの人が選択を間違えてしまうのでしょう?僕は、日本という社会が、あまりに「良い」社会になってしまったことによる人々の感覚が(特に若い人たちの)鈍ってきていることに原因があるのではないかと思っています。

今、日本社会で「安物買いの銭失い」みたいな諺はほとんど忘れられているくらい、100円ショップで売られてる商品だって十分に使えるし、安い買い物をして後悔をすることってすごく減ったと思います。僕たちの若い頃は、学校指定の上履きとかってすぐに壊れちゃうし、安い中古車は信号で停まるたびにエンストしそうになるし、、と散々苦労した経験があるけど、きっと今の若い人たちって、コンビニで売ってるもので失敗なんかしたことないのだと思います。

そんな経験の中で生きていると、きっと留学エージェントは、どこもたいして変わらないと思ってしまうのかもしれません。でも、留学業界は悪い意味で世界基準です。さまざまなクオリティーの会社が混在しています。どんな思いで仕事をしているかとか、どんなスタッフを集めているかなど、会社によって全然違うのです。

日本のような成熟した安定した社会に住むことは、あまり心配することもなく、大きな失敗に遭遇することも少ないので、それはいいことなのですが、その分タフに生きる術を忘れてしまいます。世界に出るって、日本よりもスリルのある経験を積みながら正しい選択をしていくゲームみたいなものですから、その出発点の留学エージェント選びから、気を抜かない方がいいと思いますよ。

今年もありがとうござました。

オーストラリアの田舎に住んでいると、大晦日というものは、ほぼ普通の日と同じで、今日も朝の7時からテニスをして帰ってきました。オーストラリアでも都会に住んでいると年越しの花火がどの街でも大きなイベントなのですが、今年はオミクロン株の感染が急激に広がっているので、今夜騒いだ人たちが明日の感染者数の増加に貢献するのだと思います。それでも若い人たちを中心に多くの人たちが繰り出すのだから、人間はあまり合理的な生き物ではない気がします。

2021年は、もうすぐ終わりますが、今月に国境が開いたおかげで、おかげさまでこの1ヶ月でビジネスはすごい勢いで回復してきました。きっと明日からの2022年は、多くの留学生たちがオーストラリアに学びに来てくれると思います。社会とコロナウイルスとの戦いはまだまだ続きそうですが、ビジネスの危機というものはなんとか乗り越えた感じがします。

しかし、経営者として、これからまた考えていかなくてはいけないことは、次の危機というものがどのようなものなのかということです。日本の経済がどうなっていくのか、若者たちの海外志向はどれだけ減っていくのか、など、はっきり言って、留学を取り巻く環境はあまり好ましい状況ではありません。というか、日本で未来が明るい業界を探すのが大変な状況です。

だからこそ、今の若者たちが僕たちの世代よりも良い人生を歩めるようにするにはどうしたらいいのか?その人生のために、オーストラリアへの留学が、どのような意味を持ってくるのか?ということをさらに深く考えたいと思います。そのためにも、時間を大切に使ったり、世の中のノイズみたいなものに、惑わされないようにしたいと思います。ということで、まずは今日から携帯の画面のfacebookを消してみました。その他のSNSもどうするか考えてみたいと思います。ノートだけを持ってカフェに行ってアイデアを書き留める。これからは13年前のこの仕事を始めた頃のワークスタイルに戻ってみたいと思います。

今年もお世話になりました。僕のブログを読んでいただいてありがとうございます。来年が皆様にとって素晴らしい年になりますように。

おすすめな世界からはみ出す

SpotifyでElton JohnとEd Sheeranのクリスマスソングを聴いていたら、次の日には、僕へのおすすめとして、アコースティックのピアノとかギターで歌う人のアルバムが提案されてきます。Tenniswarehouseでテニスシューズの検索をするので、どんなサイトをみても、テニスグッズの広告が表示されます。Amazonからもしょっちゅう、僕におすすめの本の情報がメールで届きます。AIの時代は、常に僕のために(もちろん、僕のためではなく企業のために)誰かがおすすめ情報を教えてくれる時代なのです。

ですから、そんな時代に育った若者たちからの問い合わせには「私におすすめの語学学校を提案してください。」というものもちらほら見かけます。まずは、私たちは「あなたのこと」は全然知らないので、留学の目的とか今の英語力とか学校に求めることなどの情報を得てから、それならあなたにはこの学校ですねと提案をするのですが、なんかそれでいいのかなあとも思ってしまうのです。つまり、その提案ってそのお客様の予定調和的な枠を超えることはないからです。快適な場所で少し英語が話せるようになって、それなりに満足して帰っていくことの、それ以上でもそれ以下でもない世界が待っているのです。

でも、「めちゃくちゃ努力する準備はできているので、オーストラリアで一番厳しい学校を提案してください。」みたいな問い合わせには、こちらもワクワクします。その人は、世界に出ていくマインドセットになっていると思うのです。留学って、たぶん、人生に一度きりで、かつ、人生を大きく変える可能性のある1年とか2年を経験することができるので、たとえ少し苦しくても、大変でも、自分の枠を少しはみ出した方が面白いと思うのです。おすすめな世界の退屈さに気づくいいチャンスだと思います。