自分らしくおもしろい目標を立ててみよう

IMG_0225
ギャップイヤーや長期留学で、英語力は徹底的に伸ばしたとして、それだけじゃつまらないですよね。ただ、他のワーキングホリデーの若者たちと同じように日本レストランでバイトして、週に1度はクラブに通って、というのでは、目立ちません。1年間あるいは2年間という期間の中で、自分らしいユニークな目標を立てて、チャレンジしてみましょう。

その目標は少し変わっているくらいがいいのだと思います。周りの人が「えー」とあきれるようなくだらないものでいいのです。世界であなたひとりがこつこつと努力している目標でもいいのです。そのような目標を達成したときに、人に語れるエピソードになるのです。

私がこれから2年間で達成したい目標は、オーストラリアのすべての大学を訪問してそれぞれに知り合いを作るということです。オーストラリアには39の大学がありますが、まだ訪問をして知り合いがいるのは10大学くらいです。知っている人はいても訪ねていくのはなかなか大変です。それから、私は大学のキャンパスというところが基本的に好きなのです。ですから、すべてのキャンパスを巡り、それぞれに友人を作っていくのが私のちょっと変わった目標です。たぶん、日本人でこんなことを考えている人はいないでしょう。だからこの目標は達成すると、ちょっといばれるのではないかと楽しみにしています。

ギャップイヤーを就職に活かす心構え

IMG_0270

大学生から、留学を就職に活かすためにはどうしたら良いか、よく質問を受けます。資格を取得した方がいいのか、インターンシップをしたほうがいいのか。学生たちに取ってみれば、その留学の経験が少しでも就職に有利に働いてほしいと思っているのでしょう。

しかし、企業側からすれば、誰でも出来るようなインターンシップや資格取得には、ほとんど興味が無いのではないかと思います。

企業の採用担当者が見ているのは、その学生がいつまでも学び続けていけるチャレンジングな姿勢や、困難に立ち向かえるガッツや戦略性があるかどうかだと思います。ですから、留学が就職に有利かどうかではなくて、留学を通じて皆さんがどれだけ成長できるかが問われていると考えてほしいと思います。成長はただ外国に長期間滞在してもできるものではなく、困難を克服していく過程で成長をしていきます。ですから、困難やトラブルはある程度のものは必ず起きるのだと考えて、それを自分なりに解決していくことを楽しんでもらえたらと思います。そしてその解決エピソードが就職に活きてくるのです。

留学における困難の中で、全員が経験するのが語学力が思った以上に伸びないということです。そのスランプの時期にくじけて、日本語ばかりを話す生活になってしまうか、自分なりの目標にむけてしっかりと努力し、目標を達成したかが結局は就職面接で語れるエピソードの中心になるのです。簡単な資格やインターンの経験ではなく、世界のどこででも通用する英語のコミュニケーション能力を高めることにまずは徹底的に集中してほしいと思います。

 

もったいない人がとても多い!ビザの選択はとても重要です。

Where are the staff?by vivevans

オーストラリアでギャップイヤーを考えるときに、しっかりと考えてもらいたいのが、どのビザで行くのかということです。オーストラリアに入国するためには3つのビザから選択する必要があります。

観光ビザ  基本的に3ヶ月以内、語学学校などに通うことはできますが、アルバイトなど働くことは出来ません。

学生ビザ  長期的に教育機関で学ぶことを許された人が取得できるビザで、期間はそのプログラムが終了するまでの期間、そしてオーストラリアでは2週間で40時間まで、アルバイトをすることができます。これはアメリカなどの他の国に比べると留学生に取ってとても有利なシステムです。

ワーキングホリデービザ  18歳から30歳までという年齢制限と、一生に一度しか使えないという回数の制限があります。学校には17週間まで通え、アルバイトができる時間は無制限、一雇用主の元で働けるのは6ヶ月間です。

あなたが28歳で、留学の目的がオーストラリアの生活でリフレッシュしたいとか、海外で働く経験をしてみたいということであれば、文句無くワーキングホリデービザを取得する事をお勧めします。しかし、あなたが22歳で、英語力を伸ばして、就職に活かしたいということが目的であるなら、ワーキングホリデービザではなく、3ヵ月以内であれば観光ビザ、それ以上であれば学生ビザで行くべきです。多くの若者たちはオーストラリアと言う国が気に入り、もっと長く滞在したいとか、もう一度戻ってきたいと考えます。そんなときに、一生に一度のワーキングホリデービザを使ってしまっていると、学生ビザで滞在するしか長期滞在の道はなくなってしまいます。

ですから、私は日本の大学生にはワーキングホリデービザでの留学は勧めません。中にはとてもしっかりとしていて、すでに英語力も高く、ビジネス英語と企業でのインターンシップを組み合わせたプログラムを受講するためにワーキングホリデービザを選びたいという学生もいます。しかし、残念ながらほとんどの日本の大学生の英語力はとても低く、まずは英語力をビジネスの世界で使えるレベルにするために、学生ビザで長期で語学の勉強をすることが重要だと思っています。

ところが、日本の留学会社の多くは「君にも行ける!ワーキングホリデー」とか「ワーホリで楽しもう」などの宣伝文句で学生たちにお金を使わせようとします。海外に送ってしまえばあとは放置。質問がきても「自立するために、あなたが頑張りなさい。」とアドバイスなのかなんなのかわからない対応をしています。

オーストラリアで、私のところに相談に来てくれる若者、特に大学生の話を聞くと、なぜそのビザ、そのプランで来てしまったのか、不思議になることがあります。学校の選択をアドバイスするだけでなく、どのビザを選べばいいかも、私たちの仕事だと思っています。

シンプルライフを始めてみる

yes, it *is* kangaroo meat!By Berzowska

海外に行くといっても、旅行と留学とでは大きく違います。旅行ではお土産も含めて、いかにうまく買い物をするかが興味の対象になります。これに対して留学では、同じ街に短くて数ヶ月、長ければ数年間暮らしていかなくてはなりません。いつかは帰ることになる異邦人として生きていくことを考えると、日本にいたときのような買い物はできないと思います。しかし、それはライフスタイルをシンプルにするためのとてもいい機会だとも言えます。

私は人生を幸せにするためのひとつの鍵は、シンプルな生活で満足できるようになることだと思います。消費生活では幸せは得られないことは多くの人が分かっているのに、結局はなかなか消費生活から抜けきれません。最近の若者たちは、私たちのようなバブル時代を経験した世代から見ると、ずいぶんとしっかりとお金の管理をしているようですが、それでも海外での留学生活はシンプルさを極めるにはいい環境だと思います。

オーストラリアの人々は、週末の夜におしゃれなレストランに行くよりも、午後にのんびりとバーベキューで話を楽しんでいます。最初はその時間の使い方に戸惑っていても、しばらくするとそちらのほうがずっと豊かであることが分かります。何を食べたかをfacebookにアップするより、誰とどんな話をして何を感じたかをアップした方が「いいね」は押されますよね。日本人に必要なのはそんな時間の使い方なのだと思います。

 

 

海外から日本を考えよう

Warrnambool Beach, Great Ocean Road, AustraliaBy dan taylor

日本は、これまで、この小さな島国で世界有数の経済大国として、発展をしてきました。1980年代は世界一勢いの有る国であったことは間違いありません。私も1990年にアメリカのビジネススクールに行きましたが、そのときは「日本ではどう?」と教授の方がわざわざ聞いてくれるほど、日本のビジネスは元気でした。

しかし、その発展の中で築いてきた社会のシステムというものは、将来も発展し続けることが前提で作られたため、バブル崩壊後、これだけ経済が長期間低迷してしまうと、そのシステムが機能しない事は誰の目にも明らかな事です。政治家や官僚たちもきっと頑張ってはいるのでしょうが、国に任せていても明るい未来がやってくるとは思えません。ですから、これからは本当に自立した個人とならなければ、自分らしい、幸せな生活はできなくなるのだと思います。

そんな時に、まず世界に出て、それも日本よりも国民たちが幸せだと思っている国に行ってみて、日本がどうなっていくべきか、その中で自分はどのように貢献していくべきかを考えることは、すべての若者にやってもらいたいことです。日本の中にずーっといても、社会を良くしていくアイデアはなかなか生まれてこないと思います。

まずは世界に出て、他の国からの留学生たちと話をすると、必ず日本人としての意見を聞かれます。そんなとき、いかに自分が日本のことを知らないか分かります。それが私は若者が日本について考える原点なのではないかと思うのです。環境のこと、戦争のこと、宗教のこと、社会のこと、様々なトピックについて、誰かの受け売りではない自分の考えを持つことのトレーニングや考える時間が海外では出来るのです。

私はオーストラリアという国に来て、幸せとは何かを日本にいた時以上に考えるようになりました。国民が考える幸福度世界No1の国に住みながら、経済的な成功以外の幸せについて、実感とともに、じっくりと考えています。

ワーホリではなくギャップイヤーと言ってしまおう

IMG_1975by bpsusf

残念ながら「オーストラリアにワーキングホリデーに行ってきました!」と帰国後の就職面接でアピールしても、「どうせ遊んできたんでしょ?」と面接官は皆さんの経験を正当に評価してくれないことがあるそうですね。たとえ、あなたがワーキングホリデービザで渡航したとしても、誰に対しても誇れる経験や勉強ができたのであれば、「オーストラリアにギャップイヤーに行って、勉強と最高の経験をしてきました!」と言ってしまいましょう。

日本という社会は、何かラベルを貼ることで理解したつもりになる風潮があるので、「ワーホリ」というだけでネガティブなイメージを持つおじさん、おばさんたちはけっこういるのです。ですから、そう言うタイプの人たちだと思ったら、ワーホリではくギャップイヤーに行って、すごい体験をして成長してきたんだと堂々と話すべきです。

ではそんなときに、何をどうアピールしていったらいいのか。大切なことは、苦労や困難から何を学んだかを魅力的なエピソードとして語ることです。「何もかも順調で、とても楽しい留学でした!」というケースもほとんど無いでしょうし、そんな話は聞いていても退屈なだけです。苦労や困難を文化や他人のせいにする話は誰も聞いてくれませんが、困難を克服してそれを笑い話にできる若者をどんな社会でも求めています。それが理解できていれば、留学中に苦しいときに、これを笑い話にするには?という余裕も出てきます。

欧米におけるギャップイヤーの意義

Backpacker in CairnsBy jcoterhals

「ギャップイヤー」とか「ギャップターム」という言葉が少しずつ日本でも知られるようになりました。東大などを中心とした日本の多くの大学が秋入学を導入することがきっかけで、高校卒業から大学入学までの期間をどう過ごすかが議論されています。

もともと欧米では、高校生が大学に入学する前、あるいは大学終了後大学院に入学、あるいは仕事を探し始める前に、半年〜1年程度休みを取って世界を旅したりボランティアを行ったりすることをさします。ワーキングホリデーの制度などは、そもそもこのようなギャップイヤーをする若者を対象にしているので、社会に入って数年してからワーホリに出かけるという日本的なワーホリは世界的に見れば珍しいと思います。

ギャップイヤーは1960年頃からイギリスでスタートして、人気が高まり、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの若者の間で流行し、最近ではあまり外国に出たがらないと言われていたアメリカの学生たちにも浸透しているようです。

英語圏の若者たちは、このようにその言語のアドバンテージを活かして、様々な場所での経験やネットワークを作る事で、将来的なビジネスや生活設計に活かしているのです。英語は、多くの国で第2外国語として教えられているので、英語圏の若者たちにとっては世界はとても身近なものだと思います。このような言葉の有利さが、欧米諸国の若者たちがギャップイヤーに出かけられる要因にもなっていると思います。

ギャップイヤーの目的としては、リフレッシュして次の学生生活へのステップとすることや、世界を見ることで将来の仕事やキャリアについて考えることがあげられます。ただ、純粋に今まで行ったり、見たことがない世界を旅してみたいというのが一番人気のある理由のようです。そのような経験を大切なこととして、社会が受け入れていることが日本との大きな違いです。日本で、ギャップイヤーの議論をするときの一番の課題は社会の成熟度だと思います。

 

 

 

新しいブログをスタートします!

IMG_0456

はじめまして、オーストラリア留学センター代表の衛藤です。

オーストラリアには、多くの若者たちが1年間、あるいは2年間の計画で留学やワーキングホリデーにやってきます。そんな人たちが、人生を変えるくらい大きなきっかけとなるように、今までに無い視点で長期留学やワーキングホリデーのアドバイスをしていきたいと思っています。

私たちのように、現地に拠点を置く留学会社は、留学真っ最中の若者たちと日々接しています。人生において、たぶん一度きりのチャンスである留学やワーキングホリデーをすごく有効に活用していく人、途中であきらめて帰国してしまう人、永住権を獲得してオーストラリアで新しい生活を始める人、日本人のコミュニティーにどっぷり浸かって留学を始めたときとほとんど英語力が変わらないで帰国する人、本当に様々な人生に出会います。

しかし、せっかくなら出来るだけ多くの人たちに、成功してもらいたい。留学に行って人生が素晴らしくなったと言ってもらいたい。そんな思いから、今までの語学留学とかワーキングホリデーを超える新しいコンセプトの長期留学を「ギャップイヤー」という言葉を使って、紹介していきたいと思います。オーストラリアには、とても素晴らしい留学プログラムも、ワーキングホリデービザを使って人生を変えた元気な若者のエピソードも、ご紹介したい話が数多くあります。そんなエピソードを共有していくことで、これから世界に飛び出す若者たちの参考にしてもらえたらうれしいです。

コメントやアドバイス、よろしくお願いいたします。