ポストコロナ時代のワーホリについて

オーストラリアの国境が今週には開く予定で(予定通りに進むことを祈っていますが)、ワーキングホリデーのビザの申請もどんどん承認されているようです。ほぼ2年間も待ったのだから、多くの人たちがワーホリを楽しみにしているのだと思いますが、果たして、これからのワーホリって今まで通りの考え方でいいのかという素朴な疑問を考えてみたいと思います。

まずは、これからの日本の社会環境ですが、コロナ禍で大きなダメージを受けたのは観光業や飲食業などのホスピタリティー産業です。これらの多くの企業たちは生き残るために借金などをして、なんとか時間を稼いできましたが、業界自体が回復するには随分と時間がかかると思います。借金を返せない会社も増えるでしょう。そんな状況では、ワーホリのパターンである、英語を勉強してホスピタリティー産業(飲食や観光)でバイトして、経験を積んで帰ってきました、という人たちが活躍できる市場はしばらくは縮小したままだと思います。ですから、帰国後に成功するためには(少なくとも安定した生活を送るためには)今までの文脈ではない新しい考え方が必要になってきます。

では、その新しい考え方に近づく方法について考えてみます。一番シンプルで効果的なのは、ワーキングホリデーで何をやるのかを考えるのではなく、どう自分が変化したいかのイメージをしっかりと持つことだと思います。ワーホリでは、あれもできる、これもできると僕たちの会社も含めていろいろな会社が、やれる事をアピールをしていますが、それを実行したとしても、同じようなことをした多くの人達の一人になるだけです。それよりも、ワーホリ終了時に自分がどのようになっていたいかをしっかりと考えることで、やるべきことも見えてくるし、帰国後のキャリアチェンジなど、新しい道を切り開いていくことにも繋がっていきます。

日本の経済が停滞して、分断化がさらに進んでいく時代に、モラトリアム的なワーホリの経験って、もう意味が無くなっていくのだと思います。大切な20代の1年間とか2年間を、他の人々と同じ経験をするためだけに使うのは、本当に勿体無いのでやめたほうがいいです。

では、自分がどのようになっていたいかをイメージするための考え方について。例えば英語力。海外で、自分一人でもちゃんと生活が作れるレベルの英語力になるというのは、いい目標になってくると思います。日常の英会話とかビジネス英会話などは、オンラインでも日本にいながらでも学べると思いますが、海外で暮らしていくということを一人でできるというのは、留学とかワーホリでしか経験できないことです。そして、将来に就職する会社が海外進出をするときに、海外で生活を作れたという経験やスキルはアピールポイントになるので、チャンスが訪れるかもしれません。ですから、そんな苦労話のエピソードを語れるようにしておくべきです。

英語以外の分野、例えば仕事でも生活でも、海外を経験することで自分が成長する、あるいはアピールできるアイデアを考えて、僕たちに話をしに来てください。そのアイデアに対して、「もっとこうしたら可能性が広がるよ。」とか「それは、難しいからこんなアプローチをしたらいいかもしれない。」などのアドバイスが出来ると思います。そして、そんなアドバイスが出来ることが、10年以上オーストラリアに暮らしているスタッフがほとんどの僕たちの会社の強みなのです。

現状を変えるために

いよいよオーストラリアの国境が開く日も近いということで、今週はこれまでの3倍とか4倍の数の問い合わせをいただいています。留学の問い合わせが増えるということは、どういうことなんだろうと考えてみると、それは自分のステータスを変えたいと考えている人たちが増えているということなんだと思います。もっといい会社で働きたい、もっと高いレベルでの仕事をやりたい、日本だけではなく世界をフィールドとして活躍したい、などなど、現状を変えたいと考えた時に、留学というのは新しい可能性を与えてくれると考えているのでしょう。

現状を変えたいというのは、若い人々にとってはごく自然なことだと思いますし、それが若さの特権です。でも、最近、僕自身もお客様からの相談を受けるようになって、感じていることは、現状を変えたい若者たちでも大きく分けて2つのタイプがいるということです。

ひとつのタイプは、自分が変わりたくないから、現状を変えたいタイプ。日本の窮屈な集団や組織や考え方の中では、自分らしく生きることができないので、もしかしたら海外では素のままでいられるのではないかと留学を考えたり、小さい時からわがままに育ってきて、今の待遇や境遇に納得がいかない人たちも、このタイプです。

もうひとつは、自分が変わることで、違う世界に踏み込みたいと考えているタイプ。留学に行きたいタイプというのは、こちらの方が多いとずーっと思っていたのですが、僕の印象だと、最近はほぼ半々な気がします。たぶん、「ありのままの自分でいよう。君は変わる必要なんてない。」みたいなムードがこの20年くらい続いているので、もうそれがデファクトなんでしょう。

そして、留学で苦労するのは、どちらかというと「自分は変わりたくない」タイプの人たちです。過去にいじめやブラック企業などで苦しめられた人は別にして(そういう人たちは、その状況では自分が変わる必要がないからです)、自分にぴったりの留学や学校があると考えている人たちは、その許容範囲の狭さから、なかなかせっかくの新しい現実さえも受け入れることが難しいようです。

ですから、僕からのアドバイスは、これから留学に来る人は、自分がどれだけ変われるかを試してみる期間だと考えてほしいのです。勉強を頑張って、知識や経験を増やすことはもちろん、自分の中の人種や国籍などの偏見を本当に無くせるのかとか、SNSで自慢するためではない時間の過ごし方を楽しめるかとか、本当に自分が貢献したい社会の問題を見つけるとか、今まで経験したことのない世界で新しい自分を発見してください。(でも、外国人の友人はちゃんと選んだ方がいいです。)

いつ帰ってくる?

いよいよ、12月1日から、オーストラリアに留学生たちが入国できることになりました。また、日本人についてはワクチンの接種とテストが陰性であれば、学生ビザ保有者だけでなく観光ビザやワーキングホリデービザの人たちも(つまり誰でも)入国することができます。現時点ではシドニーのあるニューサウスウエールズ州、メルボルンのあるビクトリア州、あとは首都であるキャンベラがその対象地域なのですが、クイーンズランド州などの他の州については、明確な日程は発表されておらず、州内のワクチン接種率が90%を越えたらという条件にとどまっています。

私たちの会社では、現在250人の大学生たちがオーストラリアへ入国できるのを待っています。今、彼らが考えなくてはいけないことで大切なことは、いつのタイミングでオーストラリアに入国するための航空券を買うかということです。新学期は2月末から始まる大学が多いので、もう少し、情報が増えてきてから予約すれば良いと考えていると、航空券には限りがあるので、売り切れてしまうか値段の高いチケットしか残っていないという状況になってしまいます。多くの日本人たちの思考は、安心を確保してから動こうと考えるので、重要なタイミングを逃しがちです。

まず、シドニーやメルボルンの大学生たちは、ご家族と話し合ってタイミングを決めたら、すぐに航空券を予約すべきです。1月初旬でも、中旬でも2月でもかまいませんが、大学が始まる数週間前に入国して、生活を整えることを考えた方が、久しぶりの英語での学生生活に無理なく戻っていけると思います。出来るだけ余裕はあった方がいいと思います。滞在先が確保できてから考えようとかしていると航空券が無くなってしまうかもしれません。滞在先は最悪ホテルに泊まればいいので、航空券の手配が優先順位の最初にくるはずです。

そして、他の州、例えばクイーンズランド州の大学に2月末からの学期に帰りたい人は、さらに難しい意思決定をしなくてはいけません。クイーンズランド州政府が予測しているワクチン接種率が90%に到達するのは1月中旬です。しかし、予測通りに進まない可能性は十分にありますよね。もし渡航日に90%に達しないと留学生たちは2週間の隔離が必要になってしまいます。そういう状況であれば、最悪隔離もすることを考慮して、2月中旬の航空券を予約するのがいいと思います。そのタイミングであれば、「オーストラリアの留学を新学期から始める」という一番重要な目標は達成することができるからです。悩んでいるうちに時期を逸して、大学のスタートから何週間か遅れて授業に参加する方が、隔離先でじっとしているより大きなストレスなので、リスクはあるかもしれませんが、早く動くことです。

大人になって、ビジネスなどで重要な意思決定をしなくてはいけないことはこれからどんどん増えていくと思います。そして、その決定をするにあたり、リスクのない意思決定というのはあり得ません。大切な問題では必ず何かしらのリスクを考慮しなくてはいけないものです。でも2週間の隔離なんて、はっきり言えばかわいいリスクです。そこで悩みすぎて、機会を逸しないように気をつけてくださいね。

準備を始めよう

この11月から、国外にいたオーストラリア人、永住権保持者のオーストラリアへの入国に対して、ワクチン接種が完了してかつ検査結果が陰性であれば、ホテル隔離が必要なくなりました。これは、ニューサウスウェールズ州など限られた州での話ですが、ワクチン接種が広がっていくにつれて、他の州でも同じような対応になっていきます。

シドニーのあるニューサウスウェールズ州の今日時点でのワクチン接種率は16歳以上でほぼ90%。首都のキャンベラはすでに90%以上、メルボルンのあるビクトリア州も今月中に90%超えると予想されています。このような状況なので、留学生たちの受け入れ方法についても各州でプランが検討され、限られた人数を入国させるトライアルが始まっています。

あと2ヶ月くらいすると、オーストラリアは国全体でワクチン接種率も90%以上、感染者数もすごく少ない、留学先として一番安全な国になると思います。昨年の3月から国境が閉じ、多くの学生たちが日本に帰国しましたが、戻ってくるときには、とても安心できる環境になっているはずです。

ですから、来年の入国に向けて、そろそろ準備を始めていきましょう。まずは、ワクチンの接種の完了をしておくこと。そして、有効な学生ビザを持っているかの確認をすることです。私たちの会社でお手伝いしている学生たちで、オーストラリアへの入国を待っているのは約250人、今は一人一人に状況を確認しています。250人すべての学生たちがスムーズに再入国できるように、私たちも準備に忙しい毎日です。

そして、250人の学生の皆さんは、この2年間に考えることも多かったと思います。自分の人生においてのオーストラリア留学の位置付けも変わった人もいるかもしれません。大学だけでなく、その先の将来についても、きっといろいろ考えてきたことだと思います。ですから、それをまとめておくことも、すごく大切な準備です。この2年間に社会は大きく変わってしまったし、皆さんも2年分成長したと思います。2年前に戻るのではなく、このタイミングでオーストラリアで学ぶことを再定義して、帰ってきてください。そして、その話を僕たち現地スタッフと共有してください。きっと皆さんの新しい夢やビジョンに対して、良いアドバイスをしてあげられると思いますよ。

永住権について考えること

最近は、オーストラリアの永住権を取るために、どうしたらいいのかという問い合わせが増えてきています。残念ながら、私たちの会社は留学エージェントなので、大学や学校に関するアドバイスは出来ても、永住権を取るにはこうしたらいいですよみたいな移民などに関するアドバイスは法律で禁じられています。留学エージェントの中には、かなり危ない橋を渡っている方たちもいらっしゃいますが、私たちはその領域に関してはとても慎重に対応しています。ですから、お問い合わせいただいても、「すみません、移民弁護士にその質問はしてみてくださいね。」という回答をしています。

オーストラリアは2010年以降になって、永住権の取得の条件がどんどん厳しくなっていて、現在は基本的にはオーストラリアが国家としてほしいスキルを持った人にだけ永住権をあげますというのが方針です。ですから、どうやったら永住権を取れますか?みたいな方にはかなりハードルが高いのが現実です。

このような永住権についての問い合わせをされる方とコミュニケーションをしていて不思議だと感じることは、「どうやったら、楽に、確実に永住権が取れるのか?料理人とIT技術者ではどっちが、安く、確実に資格と永住権が取れるのか」みたいな質問が多く、「どうこの分野で貢献したら、オーストラリアは私に永住権をくれるのか?」みたいな展開にならないことです。

子どものメンタリティーと、社会に出て成功していく大人の考え方の一番の違いは、こういうところなんだと思います。どう貢献したら会社は私を昇格させるのか?どのように貢献したら、お客様は私の会社を選ぶのか?そのような問いを常に続けていくことが、社会で成功する唯一の方法です。

オーストラリアの永住権を持っていても、成功している人が全てではありません。永住権を取ることだけにフォーカスを当てすぎずに、その後の人生で、オーストラリアという国・社会に、どう貢献していくかをしっかりと考えて、人生プランを作っていってくださいね。

家を出るための留学

高校を卒業して大学を選ぶときに、一度は家を出る選択肢を考えた人もいるかと思います。特に地方の高校生にとっては、東京などの大都市の大学に通うことイコール家を出ることになり、大人になるための大きなステップです。最近はコロナウイルスの影響もあり、地元志向が強まっているそうですが、それでも18歳の若者たちの何割かにとって、親元から離れたいと考えるのは、健全で自然なことなんだと思います。

しかし、若者の人口のうち半分以上が大都市圏に住んでいる今の時代は、大学に進学したとしてもなかなか実家から独立できません。実家で暮らすことは、居心地の良さもありますが、経済的にあるいは精神的にそこから抜け出ることが出来なくなっていると言えるかもしれません。

そんな時、オーストラリアの大学たちは絶妙な距離感を与えてくれます。時差がないので連絡を取り合ったり、オンラインで話をするのは簡単です。でも物理的な距離は何千キロも離れているので、実際に会えるのは年に1回とか2回。たとえ休学しての1年間の留学でもいいので、実家としっかりと距離を取って、自分でなんでもやる生活の経験を積んでおくべきです。将来必ず役に立ちます。そして、そんな姿を見せていると、親たちも子どもたちに対して、リスペクトする気持ちが芽生えてきます。そして子どもたちも、実家で暮らしていたことの有り難さが身にしみて、親に対するリスペクトが生まれるのです。

お互いに認め合う状況が、親子の関係を次のステージに押し上げてくれるのだと思います。

いちばん大切な社会貢献

僕は、毎朝、社員に向けてメッセージを書いているのですが、最近は僕からの一方通行ではなく、社員の方々に質問をしてその回答を共有したりしています。例えば「ポストコロナの時代におけるワーホリの意義ってなんだろう?」などの質問を投げかけるのです。社員がどのようなことを考えているか、どのくらい深く時代や社会について考えているかなど、僕にとっては大切な気づきだし、社員の中でも大きな学びになっていると思います。

先週の質問の一つに、僕たちの会社の業績がまた平常に戻って社会貢献のプロジェクトを再開するとしたら、どんな問題に取り組んだらいいだろう?ということを聞いてみたのですが、環境問題などよりも、日本社会の貧困問題であったり子どもたちの教育格差などの問題に意識が向いていることが分かりました。経済格差による不公平な状況をどう解決していくかは、あまりに問題が大きくて、国とかに責任を転嫁しがちですが、これを行政や政治家に期待すること自体が、ストレスの原因になりそうです。

多くの国民が経済的に安定するための方法って、シンプルに考えれば、いい会社が増えればいいのだと思います。自分が優秀だと思ったら、組織の中で出世することを考えずに、小さくてもいいから安定していて、社員を大事にする会社を経営することが一番の社会貢献です。例えば、10%の優秀な人がそれぞれ10人雇える会社を経営すれば、世の中、かなり幸せになると思うのです。

でも優秀な人たちは役人になったり、大企業に入ったりして、不毛な出世争いに時間と能力を使ってしまいがちです。その過程で、何人もクビにしたとしても、あまり胸を痛めることもなくなってしまいます。そうすると社会貢献とかに頭を悩ますよりも、いかに素敵なお金のかかった生活をしているかをSNSで自慢できるかに頭を悩ますようになるのです。

オーストラリアに留学してくる若者たちが、将来、自分の会社を作って社会にも社員にも貢献していくことを楽しみにしながら、アドバイスを続けていこうと思います。

1000位の壁

世界にはいくつか大学ランキングを発表している機関が3つほどあって、それぞれの観点で大学を評価してランキングをつけています。(University rankingで検索してみてください)昨日もTIMESというランキングが発表され、クイーンズランド大学からは8つもランキングが上がったとニュースが送られてきました。でも、ランキング50位と100位の違いって、そんなにないでしょうし、50位の大学を出たからって、100位の人よりも成功するかと言えば、そんなことも全く関係ないでしょう。

でも、世の中にはランキングの評価外の大学も数多くあるのです。どの世界ランキングも1000位とか1200位くらいまでしか発表されません。つまり1000位までに選ばれていない大学はアカデミック的には、世界ではあまり評価されていないということです。きっと、そんな大学の中でも、ある分野では優秀な教授は何人もいらっしゃるでしょうが、大学全体としては、ランク外なのです。

そして、オーストラリアの大学は43校中37〜38校くらいがランク内。日本の大学は750校くらいある中の50校くらいがランク内です。この結果から、すごく乱暴な議論をしてしまうと、オーストラリアの大学生のうち90%は世界レベルの教育を受けているのに対して、日本の大学生のうち7%しか世界的なレベルの教育を受けていないことになります。この状況で日本再生とかってどうするんでしょう。

ポストコロナの時代は、グローバルというキーワードはトーンダウンすると思います。それでも、日本という狭いフィールドで生きるのには窮屈な若者たちが、世界を目指すでしょう。そんな時に、世界的にしっかりと評価をされている教育を受けることが、重要なステップになると思います。

海外で働いたり暮らしたりすることに興味があって、高校時代に真面目に勉強した人たちには、オーストラリアの大学は大きく門戸を開けているので、(国境は来年まで閉まっていそうだけど。。)世界1000位までの大学にチャレンジしてみてくださいね。

語学留学の新しい目的

コロナウイルスの時代に、社会的に大きく変わったことのひとつは、リモートで働くことが増えたことだと思います。オーストラリアはちょっと感染者が出るとロックダウンをしてしまうので、僕の会社では、今でもほとんどのスタッフが自宅から仕事をしています。もちろん、東京のオフィスも必要な時だけ出社するというスタイルです。(月に数日あるかないかくらいのイメージです。)

これは日本の会社だけの特別な話ではなく、世界中の会社で同じようにリモートで働くことが普通になっています。オーストラリアの求人広告を見ても、勤務地はどこでも、みたいなものも多く見かけるようになりました。つまり、僕のように、旅をしながら仕事をすることが誰でも可能になっていくのだと思います。

でも、リモートで働く人たちに対して、日本企業ってどのくらい普通に扱ってくれるのでしょうか?自宅からはいいけど、旅をしながらの勤務はいかがなものか?とか言い出す人が、なんでか分からないけど、出てきそうな感じです。そんな、せこい人たちのおかげで、日本の生産性が上がらないのかもしれません。もちろん、そんなことは気にもしない素敵な企業も多くあると思いますけど。

もし、何か売れるスキルがあって(ITでもマーケティングでも何かの分析でも)、かつビジネスレベルの英語が使えるのであれば、これからの時代は、日本の田舎からでも、あるいは世界を旅しながら、世界中のどこかの企業で働くことが可能というか、そのレベルの人たちの中では普通の働き方になってくるのだと思います。

ですから、語学留学というものは、「日常会話ができるようになりたい」みたいな目標ではなく(それは国内の英会話学校で十分到達します)、異文化の理解も含めて、ビジネスで使えるレベルの英語習得を目指す方向にフォーカスされていくのだと思います。そして、就職に有利そうだからというなんとなくの理由ではなく、日本を含めた世界の企業で、どこからでも働くライフスタイルを確立するために、絶対に必要なものになっていくのです。

これからの日本の未来に不安を持っているなら、本当に英語は使えるようになっておいたほうがいいと思いますよ。

実業を経験すること

現在は西オーストラリア州の州都のパースにいます。パースには2人の娘が暮らしているので、一緒にご飯を食べたりして、楽しく過ごしています。

仕事も、時々はちゃんとやらなくてはいけないと思い、大学との打ち合わせやお客様との面会などを、僕としてはけっこう頑張って入れています。もちろんテニスの予定も。

先日は、オーストラリアトップ8大学の一つのUniversity of Western Australia(西オーストラリア大学)と打ち合わせをしたのですが、その時にお土産にもらったのが、このお茶。

この大学の卒業生が起業して、西オーストラリア州を中心にビジネスを行なっているということです。いただいた「玄米茶!」を飲んでみましたが、オーガニックの玄米を使った、オーストラリア人が作ったとは思えないような懐かしい日本の味でした。

WEBサイトを覗いてみると、西オーストラリア州だけではなく、オーストラリアの他の州でも取り扱う店が増えているようです。パースのトップ大学を卒業して、こんな地道なビジネスを立ち上げて頑張っているというのが、とてもいいなと思うのです。

僕は、若いうちはコンサルティングやマーケティングなどの法人向けの仕事よりも、お客様の反応がわかるビジネスをすべきだと考えています。でも頭が良くて優秀な人ほど、お金が稼げるコンサルタントのような仕事に魅力を感じているようです。でも世の中のコンサルタントと言われる人の8割(9割?)くらいの仕事はただ物事を整理しているだけ。本当の意味で、結果に責任を持っている人はすごく少ないと思います。

自分の作った商品やサービスが、エンドユーザーにちゃんと受け入れられているかを不安におびえながらも肌で感じ取っていくトレーニングが、ビジネスパーソンとして成長するための大切なプロセスだと思います。